給料前 お金がない

給料前にお金がない!給料日までのピンチを乗り切る術2+7選

 

このページでは、給料前でお金がないとお困りの方の悩みを解決するための情報をご紹介しています。

  • 給料日までは無駄な出費を抑えてやり過ごしたい
  • 給料日まで必要なお金を用意したい

それぞれのニーズに対して抑えるべきポイントや最適な方法をご提案しています。給料前にお金がなくてピンチ!という方にお役立ていただけましたら幸いです。

給料日まで節約して乗り切りたい!

給料前でお金がないから、無駄な出費をせずに節約しながら乗り切る方法を知りたい!そうお考えの方は以下の記事をご覧ください。

 

※今すぐ必要なお金を用意する方法を探している!という方はこちらをどうぞ

 

@休日前や休日の過ごし方を考えてみる

給料前にお金がなくて一番辛い瞬間が、周囲から誘いの多くなる休日前や仕事やアルバイトの休日ではないでしょうか?

 

断りづらい!?休日前の誘いはどうする?

休日前などの誘いに関しては、給料日までの出費を極力抑えると決めているのであればそこはしっかりと断ることが大切です。お金がない状況で誘いに乗ってついていっても気が気じゃないでしょうし、心から楽しむことはできません。断れないとか言ってる場合じゃないです。

 

そうはいっても今回は仕事のために必要な付き合いなんだよなぁ。。。

 

という方はこちら、給料日まで必要なお金を用意する方法をご覧ください。

 

 

とにかく節約して給料日までを乗り切ると決めている方は、お金がない状況でのお誘いはキッパリ断りましょう。そのうえで来月以降は同じような状況にならないように気をつけていくことが大切です。

 

誘いを断ることができれば、あとはお金を使わず普段と同じように家に帰るだけです。とはいえ家に帰ってもご飯は食べたいし、食費だけはどうしてもかかっちゃう(汗)

 

という方はこちら、給料前を乗り切る!節約術をご覧ください。

 

給料前のお金がない休日の過ごし方

休日の過ごし方については人それぞれ普段の休日の過ごし方があるので、そのタイプによってどうすべきかは異なります。

 

例えば、「休みの日は家に籠ってゲームしたり映画見たりして過ごすことが多い」という人であれば、普段から休日だからとそれほどお金を使うタイプではないでしょう。

 

問題なのは「休みの日はいろんなとこに出かけたり人に会ったりすることが多いからあまり家にいることはない」という方です。このタイプの方は休日の度にけっこう出費がかさんでしまう傾向にあります。

 

普段から休日には出かけることの多い人が、お金がないからといってなにもせず家に籠るのはなかなかのストレスになってしまうでしょう。そうならないためにも外出はするけど極力お金を使わない方法を見つけることが大切です。

 

 

天気の良い休日であれば散歩をしたり自転車でどこかへ行ってみるというのもいいでしょう。地図アプリなんかで調べて、普段行ったことのない公園とかに行ってみるのもけっこう楽しいものです。アクティブな方であれば登山などのアウトドアもおすすめです。もちろん自転車も登山も一からはじめようと思ったらお金がかかることなので準備があるというのが前提ですけど、なにも持っていない方でも散歩をしたり公園に行ったりすることはできるはずです。

 

こういうのってお金に余裕があるとなかなかしないものなので「お金がないこの機会にあえてしてみる」というのも後々いい経験になるかもしれません。

 

 

アクティブなことには興味がないという方や、そもそも天気の良くない休日の場合であれば、図書館のような町の公共施設など、お金を使わなくても利用できるところはいろいろあるものです。とにかく、外出=お金を使うという思い込みをなくし、外でもいかにお金を使わずして楽しむか?という考えにシフトしてみるといろいろと違ったものが見えてくるかもしれません。

 

もちろん、どんな形であれ外出先でもお腹は減りますから食事は摂りたいですよね。しかし極力お金を使わずに外出先で楽しもうとしているタイミングですから、ご飯にお金をかける余裕もないはずです。

 

なので給料前の外出時は節約レシピを使ったお弁当を持参することでよりお金を使わなくて済みますし、普段あまりしないことをすることで楽しい気分を味わえます♪

 

節約レシピの参考はこちら

 

A給料前にできる節約術

 

今このページを読んでくれている方の多くは給料日までお金がなくてどうしよう?という方だと思いますので、当然ですが節約せざるを得ない状況でしょう。では具体的にどのようなことを意識すれば日々の生活で節約することができるのかをご紹介します。

 

1日に使える額を認識する

もし手元にまだいくらかのお金がある状況であれば、その残金を給料日までの日数で日割りして一日いくらまでなら使うことができるのかを計算してみましょう。使える額をちゃんと可視化して認識することで、なんとなく無意識のうちに出費してしまうというようなことを防げます。缶ジュースやちょっとしたお菓子など、それほど必要ないけれど普段当たり前のようにお金を払っているものは意外と多いです。

 

ご飯はとにかく節約レシピでの自炊!

当然ですが給料前でお金のないこの時期、外食やコンビニ弁当などといったコスパの悪い食生活はご法度です!もちろん不必要な間食なんてもっての外!給料が入るまでのこの時期はできるだけお金のかからない節約レシピを使って自炊することが大切です。

 

上記した日割り計算を行い、そのうえで使えるお金で節約レシピに必要な食材を休みの日などに購入してストックしておきましょう。もちろんコンビニなどの割高なところではなく、商店街の安いお店や格安スーパーなどでできるだけ安く購入することも重要です。

 

こちらを参考に自分が作りたい節約レシピに必要な食材をメモしてさっそく用意しておきましょう!

 

>>>楽天の節約レシピ<<<

 

給料日までに足りない必要なお金を用意する方法

 

ここまでお読みいただき、休日の過ごし方を考えたり節約することで給料日までなんとか乗り切れそう!という方はぜひ実践して給料前の大変な時期をもうちょっとだけ頑張ってみてください!

 

しかし、中にはなんらかの事情で給料日までにお金が必要、すでにスッカラカンで節約とかそんなレベルじゃない(滝汗)という方もいるでしょう。

 

そのような方は以下に掲載する一時的にお金を用意するための方法もチェックしてみてください。

 

@給料やバイト代の前借り

職場によると思いますが、一定の範囲内であれば必要な金額を前借りさせてくれるところもあります。職場との関係性や自分の貢献度にもよるかもしれませんけど、お願いしてみる価値はあるかもしれません。

 

注意点としては前借りが毎月の恒例行事のようになってしまうと、職場の上司や同僚から「そういう人」という目で見られてしまいかねませんので、くれぐれも困った時の最終手段ということにしておきましょう。

 

A家族や友人から借りる

家族(親・兄弟)や親しい友人など、周囲の人から借りるという方法です。これも相手との関係性や信用度、金額によっては現実的な方法といえます。

 

ただし、親しい間柄であるほど、お金のことが原因で関係がギクシャクしてしまうというのはよく聞く話です。借りるときはそのお金がなぜ必要なのか?を正直に話し、いつまでに返すのかもしっかり伝えるなど誠意を見せ、もちろん約束通り返済できる範囲で借りることは徹底しましょう。給料前に苦しいことが原因で大切な人との間に溝ができてしまうなんて悲しすぎますので。

 

B不用品を売る・質屋に入れてお金を借りる

 

現在はオンライン・オフライン問わず、いらないものを買い取ってくれる環境が整っていますので、それを利用して不用品をお金に換えるというのもひとつの手です。

 

本やCD・DVD、身に着けていない衣類や貴金属、使っていない家具、商品券、アイドルグッズやフィギュアなどなど、探してみると案外と売れそうなものが身の周りにあるものです。

 

多少時間に余裕があるのであれば、オークションやフリマアプリなどに出品してできるだけ高く買ってもらうことが可能です。落札者や買い手がつくまでに数日かかるでしょうし、売れてからもやり取りや梱包、発送などの作業が必要なので、実際にお金が入るまでには早くても数日はかかりますが、売るものによってはある程度まとまったお金が手に入るかもしれません。その代わり、モノによってはいつまで経っても売れない可能性もゼロではありませんが。

 

また、他にもネット上には様々な出張買取サービスなどもあり、査定に出してうまくいけばオークションなどで売るよりも高値で買い取ってもらえる可能性もありますので、多少は売れそうなものあるんだよねーという方はとりあえず査定してもらう価値はあるでしょう。査定は無料でしてもらえますので、結果的に売らないとしても特に損することはありませんし、売ることが決まった場合には出張買取によって早ければその日のうちに現金をもらうことができるというスピード感も魅力です♪

 

>>>不用品の査定&買取の詳細はこちら<<<

 

 

それでも、できるだけ今すぐにでもお金が欲しい!という方でしたら、近所のリサイクルショップなどへ不用品を持ち込んで買い取ってもらうか、質屋へ物品を持ち込んでお金を借りるという方法もあります。

 

もちろん物品の価値によりますが、多くの場合リサイクルショップで買い取ってもらう場合はそれほど大きな金額は期待できません。なのでよりまとまった金額を望むのであれば質屋さんに相談してみるというのもアリでしょう。質屋は借りたい金額に対して担保となる物品を預けてお金を借り入れるので、あまり価値のないものを持ち込んでも大した金額を借りることはできません。心配な方は事前に電話して相談してみるといいでしょう。

 

出張買取サービスやリサイクルショップ、質屋などはうまくいけばその日のうちに現金が手に入るというところが最大のメリットですので、すぐにでもお金が必要という方は検討してみてはいかがでしょう?

 

C副業でお金を稼ぐ

 

公務員など、原則的に副業が禁止されており、バレたら解雇の可能性があるという方にはあまりおすすめしませんが、普段の仕事終わりや休日などの空いた時間を使って副業で稼ぐというのもひとつの手です。

 

例えば普段からどこかの派遣会社に登録しておいて、次の休日にできる日雇いのバイトを紹介してもらうことで、休日の空いた時間を使って即金を作ることが可能です。

 

1日日雇いバイトをしただけでは大きな金額を得ることは難しいですけど、給料前の急場をしのぐという意味では十分なお金を得ることができるでしょう。

 

 

また、パソコンがあればできる仕事として「クラウドソーシング」を利用して副業するという手段もあります。

 

クラウドソーシングはネット上にある「仕事を発注したい人と受注したい人を結びつけるサービス」で、登録して自分のできる仕事に応募し、報酬などの条件面で双方が納得したら契約が成立するという形です。

 

クラウドソーシングサービスの一例
>>>【ココナラ】<<<

 

 

仕事の内容は専門性の高いものからライティング作業などの取り組みやすいものまでいろいろありますので、自分ができそうなものを選んで応募することができます。ただし専門性の低い比較的誰にでもできるような作業の場合、報酬単価が低めに設定されている場合がほとんどですので、簡単にできる作業中心に取り組んでいると思うような額を稼ぐことは難しいかもしれません。

 

Dポイントサイトを利用する

 

ネット上にある「ポイントサイト」を利用して稼ぐというのもひとつの手段です。

 

ポイントサイトはサイトに登録してショッピングやサービスの利用、アンケート、モニターなど、様々なアクションの中からお好きなものを選んで実行することでそれに対してポイントをもらえ、一定のポイントが溜まったら現金や金券などに交換できるというサービスです。登録は無料のうえ、スマホ一台あればどこでもできるので、副業だけでなく普段家にいることの多い主婦の方などからもとても人気があります。

 

ポイントサイトの一例
>>>【ECナビ】<<<

 

 

アンケートの回答など、ちょっとしたスキマ時間で簡単にできる内容のものだともらえるポイントもわずかですが、中にはクレジットカードの申し込みなど、一回の申し込みで数万ポイント(数千円)もらえるようなプログラムもありますので、そうした高額案件を中心に行っていけば短期間で多少の金額を稼ぐことができます。

 

Eクレジットカードのキャッシング枠を利用する

現在クレジットカードを所有していて、そのカードにキャッシング枠が付帯しているのであれば、それを利用してお金を借りることができます。

 

キャッシングなのでもちろん利息はかかりますけど、必要最低限の金額だけ借りて、次の支払日に全額まとめて返済すればそれほど大きな利息にはなりませんので、給料前の危機を乗り越えるために最低限の利用をするならアリでしょう。

 

当たり前ですがこれはキャッシング枠のついたクレジットカードを持っている前提ですので、お持ちでない方には不可能な方法です。

 

Fカードローンを利用する

 

カードローンは有名なところでいうとCMでよく目にするアコムやアイフル、プロミスやモビットなどのスピーディーにお金を貸してくれるサービスです。

 

スマホやパソコンがあればどこからでもすぐに申し込めますし、申し込みのタイミングや審査状況によっては即日借りることも可能です。審査に通れば遅くても翌営業日には振り込んでもらえますので、できるだけ早くお金が必要という方のニーズにも合っているでしょう。

 

また、これも申込者の状況(年収や他社での借り入れ等)によりますが、希望すれば30万円や50万円など、ある程度まとまったお金を借りられるところも魅力です。給料前にお金がなくてご飯が食べられないくらいであればそれほど大金は必要ないかもしれませんが、中には給料前だけど借金や家賃などまとまった支払いをしなくてはならないという方もいるでしょう。

 

そういった方には手軽でスピーディーにまとまったお金を借りられるカードローンはとても重宝するはずです。

 

カードローン利用時の注意点

 

まとまったお金を借りられるというのはカードローンの大きな特長なわけですが、しかし借り手によってはこの長所が足を引っ張ってしまうケースも少なくありません。

 

当然ですがお金を借りることと返すことはセットです。借りる額が大きくなるほど利息も大きくなりますし、月々の返済額も大きなものになります。申し込んでみたら50万円借りられることがわかったからといって、使う当てもないのに全額借りてしまうと、その瞬間から50万円に対する利息が発生します。

 

例として、50万円を年利18%で借りて4年間(月々15,000円×約48回)で返済する場合、全額返済する頃にはなんと利息だけで約20万円も支払っていることになります(汗)なんとなく借りて毎月なんとなく返済して気がついたら20万円もローン会社に支払っているというわけです(滝汗)これって怖くないですか?

 

別に必要ないけど借りられるからといってなんとなく借りてしまうことで、それほどの大金をドブに捨てることになるわけですから、カードローンを利用して給料前のピンチを乗り切ろうと思った場合でも、借りるのは本当に必要な最低限の金額に留めておくことがとても重要です

 

もちろん、どうしても必要であれば借りれる金額を借りるのはOKですけど、毎月滞りなくちゃんと返済していくことは人として当然のことですので、社会からの信用を失わないよう、しっかりと返済計画を立たうえで利用するようにしましょう。

給料前にお金がないときの対処法 まとめ

それぞれの状況に応じた給料前にお金がないときの対処法をご紹介してきましたがいかがでしたか?給料日までの急場をしのぐ良い方法はあったでしょうか?

 

あなたが給料前のピンチを切り抜けるきっかけになりましたら幸いです。

 

 

最後に、このように給料前にお金がないという状況が初めてではなく、ほぼ毎月のように給料前は厳しいという方は、一度「収入と支出のバランス」や「お金に対する考え方」を見直してみることも大切かもしれません。

 

給料前に決まってすべてのお金が無くなるようでは、常に突然のお誘いや予期せぬ出費に対処することができませんし、頻繁にお金がなくてひもじい思いをしていると性格まで荒んできてしまいます。

 

このページの上の方で解説している節約の仕方やお金を使わなくても楽しむ方法などを実践し身に着け、それが当たり前の感覚になることでお金に対する向き合い方も変わって普段から必要以上に意味のない出費を繰り返すことがなくなっていくでしょう。

 

その出費(支出)は自分にとって本当に意味のある(必要な)出費なのか?

 

お金を使うタイミングで常に意識するだけで毎月の生活はもちろん、その後の人生も大きく変わっていくかもしれません。

このページの先頭へ戻る